あいな里山公園

  • English
  • 简体中文
  • 繁體中文
  • 한국어
電話:078-591-8000(9時~17時)

プレスリリース

今年も稲を守る住人がやってきました!

8月も後半に入り、あいな里山公園の田んぼでは稲が実(米)を付け始めています。
イナゴやスズメなどの天敵から稲を守るため、
7月30日に開催した案山子づくりのプログラムに参加してくれた
ご家族が作ってくれた案山子たちが設置されました。

白拍子棚田の全域には15体の案山子が稲の番人をしてくれています。
また、長屋門のバス停には2体の案山子がお出迎えしてくれます。
手作りのかわいい案山子たちを見にぜひご来園ください。

 

 

手作りかかし記者室提供資料(PDF)

夏休みはあいな里山公園で遊ぼう☆

夏休みに入り、台風も通り過ぎて暑い日が続いています。園内ではバッタやセミや蝶など昆虫が飛び回り、ツバメの群れが渡りの準備を始め、稲も出穂し花をつけ、夏の里山を彩っています。
あいな里山公園では8月31日まで夏休み企画を実施しています。交流館では「神戸の昆虫少年少女展」を開催中。手塚治虫の愛した昆虫世界展、様々な昆虫標本、昆虫の切り絵アート、昆虫ジュエリー、里山の昆虫の生体展示、子供たちの絵や作品展など、心躍る展示となっています。
農村舞台ではダンボール迷路が登場。手作りの迷路は小さなお子様が安心して遊べます。何度も何度も挑戦してください。
毎日開催している体験メニューでは野草茶づくりや畑の手入れをして頂いた方に、園内で採れた夏野菜をお持ち帰り頂いています。太陽をたくさん浴びてとてもおいしく出来ています。
ぜひ夏の里山を満喫しにご家族でご来園ください。

 

 

夏休み公園イベント情報記者室提供資料(PDF)

9月の体験プログラム案内

9月の体験プログラムを追加しました。
なお、事前予約が必要なものは、事前予約受付開始日の朝9時から先着順で受付いたします。
皆様の参加をお待ちしております。

詳細はプログラム案内のページをご覧ください。
プログラム案内

 

 

9月プログラムチラシ(PDF)

 

 

9月イベント情報記者室提供資料(PDF)

7/28~8/31 神戸の昆虫少年少女展を開催!

里山の動植物の多くが絶滅の危機に瀕していますが、もっと危機にあるのが「昆虫少年少女」です。そこで、“虫が大好きな少年少女”をテーマに企画展を開催し、今を生きる昆虫少年少女にメッセージを発信します。

 

※現在神戸ゆかりの美術館で開催中の「手塚治虫展」と、こちらで展示する手塚治虫の作品展示は全く別のものとなっております。
ホームページ等の案内で「手塚治虫作品展」と記載したことで一部混乱を招いてしまい、誠に申し訳ございませんでした。
以後、あいな里山公園で開催する「神戸の昆虫少年少女展」での手塚治虫の作品展示は「手塚治虫の愛した昆虫世界展」と表現させていただきます。

 

神戸ゆかりの美術館で開催中の「手塚治虫展」はこちらをご確認ください。http://www.city.kobe.lg.jp/culture/culture/institution/yukarimuseum/tenrankai/index.html

 

【主な展示内容】
・手塚治虫の愛した昆虫世界展(手塚浩氏所蔵品の複製)
・現代の昆虫少年少女展
・往年の昆虫少年少女展

神戸の昆虫少年少女展記者室提供資料(PDF)

 

神戸の昆虫少年少女展の案内はこちら↓↓
7/28~8/31 今や絶滅危惧種?! 神戸の昆虫少年少女展 ★出展作品募集中!★

8/6(日) 体験プログラム”あいなうどん”づくりに挑戦!を開催します

田植え作業が落ち着いた頃、藍那では昔から伝統行事として「うどんまつり」が開催されていました。今では藍那小学校で毎年開催されています。あいな里山公園でも地元の伝統文化を継承するために、“あいなうどん”づくりに挑戦します。地元の方々のお話を聞いてから、みんなでうどんを手作りして一緒にいただきます。ぜひご参加ください。

 

 

あいなうどんづくり記者室提供資料(PDF)

ハスとヤブカンゾウが見ごろを迎えます

あいな里山公園でハスの花とヤブカンゾウの花が咲き始めました。
7 月12 日からは七十二候が“蓮始開(ハス始めて開く)”になり、お盆が終わる頃まで蓮田で淡いピンクの花をご覧いただけます。ハスは花を愛でるだけなく、ハスの葉茶やレンコン掘りも楽しめます。
ヤブカンゾウは7月下旬まで鮮やかな橙色の花を咲かせます。ヤブカンゾウの花は食べることが出来るので、一部の蕾は摘んで酢漬け(ピクルス)にしています。
蒸し暑い季節になりましたが、今の時期しか見ることのできない美しい里山の植物や元気に飛び回る昆虫たちを見にぜひ遊びにお越しください。

ハス、ヤブカンゾウ見ごろ記者室提供資料(PDF)

8月の体験プログラム案内

8月の体験プログラムを追加しました。
なお、事前予約が必要なものは、事前予約受付開始日の朝9時から先着順で受付いたします。

 

 

8月体験プログラム(PDF)

なす・きゅうり・ピーマンなどなど、夏野菜の収穫が始まりました!

あいな里山公園では夏野菜の収穫時期を迎えています。なす、ピーマン、万願寺とうがらし、きゅうり、ズッキーニの収穫が始まっており、トマトやとうもろこし等もあと少しで収穫時期になります。6月上旬から収穫しているジャガイモもまだまだ採れています。

毎日開催している里山体験メニューでは、里山作業(畑の手入れ、野草茶づくりなど)をして頂いた方に、収穫した野菜などを少量お持ち帰りいただいています(参加無料)。

その日の収穫が何になるかは当日のお楽しみ☆一緒に楽しく作業をして、旬の夏野菜の収穫まで出来るとてもお得な内容になっています。ぜひ体験をしにお越しください。

 

 

夏野菜収穫 記者室提供資料(PDF)

7/1~7/9 やまももまつりを開催!

藍那地区の名産品である「やまもも」を楽しむまつりを7月1日(土)~9日(日)に開催します。
やまももの実の摘み取り体験(要事前予約)や、やまももの樹皮を使った染物体験ができます。また、当日はやまもも茶を園内の茅葺き古民家でふるまいます。
他に、やまももの葉でレイづくり、里山ヨガ、竹細工、自然観察、生きもの展示、やまももかき氷や里山夏カレーの飲食ブースなど、あいな里山公園ならではのお楽しみプログラムを多数用意しております。
初夏の賑わい、緑あふれる里山で、ゆったりまったりのんびりとした素敵な一日を過ごしませんか。

 

 

やまももまつりチラシ

やまももまつり記者室提供資料(PDF)

ササユリが見ごろを迎えました。

あいな里山公園の園内各地で淡いピンク色の「ササユリ」が見ごろを迎えています。「野草園」ではササユリの甘い香りが漂っています。

ササユリは草刈りを継続的に行っていた一昔前ではどこの田舎でも見ることができましたが、今では見られる場所が減少しています。
ぜひ美しいササユリを見にお越しください。

 

 

ササユリ見ごろ記者室提供資料(PDF)